2016年09月05日

教職員研修・講演 大介さんが講師として招かれました


先日、静岡県総合教育センターにて「発達障害のある子どもの社会性を育てる指導・支援」教職員研修が行われ、大介さんが講師として招かれました。
参加者は小学校・中学校・特別支援学校の先生方が多く約80名が集い、午前・午後と一日掛かりで行う大規模な講演となりました。

研修のテーマは、「SST(ソーシャル・スキル・トレーニング)の手法を用いた子どもたちへの寄り添い方について」でした。
前半の講演では、「そもそもソーシャル・スキルとは何なのか?」を、参加者の方それぞれの社会性のチェックとも照らし合わせながら、その正体を紐解いていき、事例などもおりまぜて大介さんがわかりやすく解説していました。

DSC01393.JPG


その後、子どもの社会性を育てるトレーニングについて
どのようにしたら子どもたちにもわかりやすくトレーニングを行ってあげることができるのか?
・・その手法やスキル分析を用いた、その人のもつ能力(スキル)の見つけ方、それに対する理解の仕方や言葉での伝えることの大切さを、実際に演習(ワーク)に参加しながら先生方も味わっていました。

今回いくつか行った実技演習のひとつが、イラストしりとりワークでした。

DSCF0675.JPG

通常のしりとりとは異なり、皆の注目の中で絵を描く緊張感や、前の人の描いた絵を自分なりに読み解き、
次の人につなげるプレッシャーを乗り越えて、人に「伝わる」瞬間を喜びを味わえるのがこのワークの醍醐味です。
たかが単純なしりとりでも進行中の人の感情がいかに激しく動くか体感しながら
先生方も子ども心に返りワークを楽しんでくださっていました。
一方で、観察者の立場の体験として生徒役の人と気持ちを振り返る場を持ち、具体的な言葉で評価する練習をしました。
人を観察し評価する難しさを改めて感じたり、参加者ご自身の言語化能力や客観性についても見つめる機会になったりしたのではないでしょうか。

今回の講演で大介さんが頻繁に口にしていたのは「言語化」でした。
そういえば、8月に行われた別の教職員研修でも、特別支援学校の先生が「私たちも日々言語化を心掛けている」とおっしゃっていました。
的確に物事や現象を言葉で表現するというのはとても難しいことです。
私(スタッフ琴)自身も、日ごろその難しさを痛感しています(-o-:)
的確な言葉を見つける言語能力を備えることも当然必要なことですが、
「ここだ!」と感じた瞬間に、臆せず、率直に言葉にして相手に伝えてあげる「勇気」が同時に必要となります。
誰かにすごいと感じた瞬間は・・「いいね!」だけですましちゃったら勿体ない。
具体的にどこがどう良かったのか大人としてちゃんと口にできること。
また、もっと難しいのが相手の言動に違和感を感じたり、それにより周囲が困ってしまった場合です。
苦笑いして場を取り繕うことができることも社会の中では勿論大事なのですが、相手の意図や気持ちを認めたあとでちゃんと本人のために率直に注意や客観的意見を述べてあげることができることが大切だと、今回改めて感じました。

日頃の何気ないやり取りや遊びの中にも、実は大きなチャンスが潜んでいます。
その瞬間を見過ごしてしまわないで、感覚的に感じたことを大人として言語化してあげること。
評価も課題も勇気をもって率直に子どもに伝えてあげること。
そんなことができた一日一日に意味があったことを感じ、子どもたちと過ごしたいものですね。

スタッフ(琴)
posted by dai-job! at 17:39| Comment(0) | 講演

2016年05月17日

WEBホームページをリニューアルしました!!

"ダイジョブ"のホームページをリニューアルしました!!
◇浜松市◇カウンセリング・問題解決◇コミュニケーションの学校◇社会参加◇


E784A1E9A18C-313b6-thumbnail2[1].jpg


ダイジョブにはいろんな事情を持った人がやって来ます。
考えてみれば、問題の生じない人などいません。
その問題や課題を受け止め、肯定的に捉えて生きていく方法を一緒に見つけ出し
「今の自分を前進させるための一歩を、一緒に踏み出す」
それが、ダイジョブ流の関わり方です。
そして「どんな世の中でも、自分らしさを大切にしながら生きる」ことを
大切にしています。



これまで数多くの方と出会いながら、目まぐるしい日々を送ってきました。
それにより、ダイジョブ・プロジェクトも成長し、取り組みの幅も広がりました。



今回のホームページリニューアルは、そんなダイジョブについて
現在どんな取り組みが行われているのか、どんなサポートがあるのか、
皆さんにわかりやすく伝わるよう、全面的に構成を刷新しました。



また、代表をはじめスタッフからの率直な言葉に触れていただくことで、
ご自身が抱える将来への不安や心配に対し、
今後どうしていくかを前向きに見据えるためのヒントや兆しを
感じとってくださる方もいるかもしれません。



ホームページを見て、ピンとくる何かを感じられた方は
一度簡単な気持ちでにダイジョブ・プロジェクトへ足を運んでみてください。



ホームページ≫ www.dai-job.org


スタッフ 琴乃
posted by dai-job! at 18:29| Comment(0) | 新着情報

2016年04月26日

高校独特の弁当事情について


わーい(嬉しい顔)今回はボランティアスタッフの「たいちょー」さんにブログの記事を書いてもらいました
興味深い内容に思わず共感する10代20代もいるのではないでしょうか
それではどうぞ
手(パー)


【高校独特の弁当事情について】


小・中学校までとはまったくちがう。
そりゃまあ、給食と弁当はちがうよねって言われそうだし、それもそうなんだけど(笑)
その「モノ」ではない。

なにが、高校独特なのか?

弁当を一緒に食べるトモダチは、
新学期はじまってすぐに、自分が「誰を選ぶか」によって決まってしまう。

そして、その自分が選んだ相手と、またはそのグループと1年間ずっと一緒に弁当を食べる・・・という謎のしがらみがあった。

だれも決めたわけではないのに、ずっと一緒。
そして誰も、「今日はあの子と食べたいから」なんて言えないからずっと一緒。

よっぽど、ほかのグループと一緒に食べることはない。

「よっぽどのこと」っていうのは例えば、
「二人組」の場合で、どちらかが風邪で休んだ、だから今日はこのグループに入れてほしいとか
大喧嘩して、もう絶縁状態だから今日からよろしく(というパターンは当時は聞いたことはないけど・・・)とか。
そんなことでもない限り、ずっと一緒。


小・中学校は、1ヵ月もしくは1学期の間、設定された「班」があって
その仲間たちと給食を食べていた。席替えをしたら、別の子たちと食べるのが普通だった。
そこに違和感はなにもなかった。


でも高校は、席替えして離れても「そいつら」と一緒に食べる。
「近くのあの子と食べたい」なんて思いつきもしない。
思いついたとしても、当の本人が嫌かもしれないし、「あんたのグループがあるんだから」と言われるかもしれないから
当然言えない。そして、1年間ずっと固定・・・。

しかも、その「弁当グループ」で教室を移動するのも一緒だった。
女子で1グループ6〜7人のところもあったけど、廊下いっぱいに広がってしゃべりながら移動するよね。
なかなか勢いないとできないよね。だって、先生とすれ違ったら誰かがよけるか、グループの誰かの後ろに行かないと通れないでしょ?
わたしは2〜3人だったから、先生に気を遣うみたいなことは、なかったけど。

でもこの事例、女子だけではない。
男子もそうだった・・・気がする。
あんまりクラスの男子に興味なかったから(笑)じろじろ見てないんだけど。
記憶をたどれば、男子も、弁当グループがあり、かつ教室移動もそのメンバーだった気がする。


あれは何だったんだろうか・・・。まったくわからない。
誰がつくっていったんだろうか。あの雰囲気を。


わたしは、それがよっぽど違和感があったのだろうか。
大学の友人とは、わりと自由に弁当食べる友人を「その日その日に」考えていた。

みんな授業バラバラだし、休むこともあるし、常にこの子といなきゃいけないというグループなんて存在しなかった。


そして、その弁当グループは今もなお「トモダチ」なのかと言われたら正直わからない。
1年間ずっと一緒に食べたのなんて高校だけだったのに、
いま現在もつながりの濃い人いるのかといったら、自分の人生の中にはいない・・・不思議と・・・。

あれは本当に、なんだったんだろうか。

そしてこの弁当のしがらみは、今の高校生にも存在しているのだろうか。


ボランティアスタッフ たいちょー

posted by dai-job! at 15:41| Comment(0) | 日記